So-net無料ブログ作成

お石茶屋 [福岡の観光]

130216573.jpg
福岡県太宰府市の太宰府天満宮へ出かけて参拝した後は、本殿裏手の梅林が広がる一番奥まった所にある「お石茶屋」へ向かいました。太宰府名物「梅ヶ枝餅」は表参道にたくさんの茶店が並び、買い求めるお客さんで賑わっていますが、「お石茶屋」も観光客に人気です。 
130216591.jpg
風情たっぷりの建物でいただく梅ヶ枝餅は美味しそうですね。店名は先代の女将だったイシさんに由来しているそう。美しい方で当時の筑前三美人に数えられ、評判を聞いた方々が一目会いたいと数多く訪れました。文人や財界人など著名人も訪れたそうです。
13021662.jpg13021660.jpg
《趣のある店内、外でいただくのも良さそう》 メニューは梅ヶ枝餅(105円)、梅ヶ枝餅付きの抹茶セット・コーヒーセット(各500円)、お石弁当(1,080円)、うどん・蕎麦・親子丼・カレーライスなどもあります。
130216661.jpg
《梅ヶ枝餅》 訪れた日は少し寒かったので店内でいただきました。注文してからしばらく待っていると焼き立ての梅ヶ枝餅が運ばれてきました。餅の皮は厚みがあり、しっとりとした感じです。餡の甘さもちょうど良く、美味しく味わいました。《利用日2013年2月》
13021668.jpg13021672.jpg
《宝満宮 参拝隧道》 お石茶屋の脇にあるトンネルは地元では「お石トンネル」と呼ばれています。竈門神社(別名:宝満宮)近くの自宅から茶屋へ通うお石さんのために、炭鉱王の麻生太吉氏がトンネルを掘らせたというロマンチックな伝説が残っています。

お石茶屋  福岡県太宰府市宰府4丁目7-43

他にも梅ヶ枝餅の茶店を巡ってきましたので少しご紹介します。
《不老松月本店》
13021674.jpg130216761.jpg
《お石茶屋から本殿へ向かいます、不老松月本店》 お石茶屋から少し下ってきた茶店の案内に出ているお弁当が良さそうなので、昼食をとりました。店内はテーブル席と小上り席があり、民芸品・雑貨なども販売しています。
130216813.jpg
《松月弁当 750円》 柚子風味のなます・きんぴらごぼう・卵焼き・鶏肉・煮物などのおかずと、おにぎり2個入り。味付けもよく、軽いお昼にはちょうど良いボリュームです。食後に野立てコーヒーと梅ヶ枝餅(1個)が付き、750円はリーズナブルだと思います。
13021683.jpg130216791.jpg
《野立てコーヒー&梅ヶ枝餅付き、民芸品や雑貨も販売》 梅ヶ枝餅はしっとり、餡が甘めなので甘党の方にはお勧めです。メニューは他に梅ヶ枝餅付きの抹茶セット・野立てコーヒーセット(各500円)、うどんや蕎麦などもあります。

《照星館》
130216491.jpg130216551.jpg
本殿の裏手すぐにある「第一照星館」は何度か利用しました。焼き立てアツアツの梅ヶ枝餅は皮がパリパリ、餡の甘さもちょうど良く気に入っています。お店によって焼き方や餡など微妙に違いがあるようなので、自分好みのお店を見つけるのも楽しいですね。

《中村屋》
13021608.jpg13021611.jpg
参道には、かさの家や中村屋など行列が出来ている店も見かけます。中村屋の行列に並び、店先でいただきました。梅ヶ枝餅の皮は少しパリッと、餡は甘めになっています。梅ヶ枝餅は105円とお手頃価格なのでおやつやお土産にもオススメです。

観光やグルメ情報は太宰府観光協会の公式サイトをご覧ください。

【冷凍】太宰府天満宮参道 やす武 太宰府名物 梅ヶ枝餅約70g×10個

【冷凍】太宰府天満宮参道 やす武 太宰府名物 梅ヶ枝餅約70g×10個

  • 出版社/メーカー: 有限会社 やす武
  • メディア: その他



寿庵 寺田・梅ヶ枝餅

寿庵 寺田・梅ヶ枝餅

  • 出版社/メーカー: かば田
  • メディア: その他



nice!(130) 
共通テーマ:旅行

nice! 130